【今から出来る】外付けhddの大切データを失う前に行ないたい事

PC

故障と付き合う

HDD

外付けhddを使用する時は予め故障をッ想定した利用が求められます。特に企業などでは失うと大変なデータも多いため、RAID構成で使用したり、またクラウドを使用してバックアップをとっておくということが大切になってきます。

詳しくはコチラ

オススメサイト

セルフチェックをする

PC

外付けhddが故障したという場合はまず大事なデータをバックアップできれば直ぐに行い、出来ないのであれば専門の業者に修復を依頼します。バックアップが出来たならセルフチェックで故障の原因を調べてみるといいでしょう。

詳しくはコチラ

別OSで復旧する

HDD

外付けhddは故障する確率が高く、故障したことを想定して利用することが大事です。既にバックアップを取っているという場合は自分で別OSを使用して復旧を試してみるのも良いでしょう。復旧専用のOSも登場しています。

詳しくはコチラ

メンテナンスを怠らない

PC

外付けhddを使用して大切なファイル類を保存管理しているという方や企業も多いでしょう。個人的なファイルで故障しても大きな損害を与えない場合は特に問題無いですが、企業では様々なデータを使用し、これらデータが消えたら困るという場合もあります。外付けhddは比較的故障が多い周辺機器であり、日頃からメンテナンスを行うことが大切になります。外付けhddに限らずhddは使用していると様々なゴミが発生します。主にこれらゴミをジャンクファイルと呼んだりしますが、これらジャンクファイルはファイルサイズが小さく、そして大量に発生します。ファイルを読み込んだり書き込んだり、また各種ソフトが外付けhddにアクセスした時にテンポラリーファイルを保存する事でジャンクファイルが発生しますが、ジャンクファイルはhddの読み込みの際に無駄な読み込み動作をさせ、本来必要としない負荷を与えることになります。よっぽどなことがない限りジャンクファイルは名前の通り不用であり、溜まらないように定期的に削除することが大切です。OSにはこれらジャンクファイルを削除するためのツールが標準で備わっていて、利用することできれいな状態を維持することが出来ます。また専用のソフトを利用すると強力なクリーンアップをすることもできます。
外付けhddに限らずhddには自身の状態をモニタリングしログする機能が付いています。これら機能の事をs.m.a.r.t.と呼び、hddの健康状態を把握するために必要な詳細情報を知ることが出来ます。s.m.a.r.t.を表示するソフトを利用するとhddの故障確立や故障している場所、さらに寿命や残りの書き込み回数等を知ることが出来ます。ソフトの中には日本語でわかりやすく危険を知らせてくれるものもあり、hddが故障する前に対策を行うことができます。もし危険な状態や寿命が近づいていると分かるのであれば新しい外付けhddを購入してデータの移行を行なったり、また使用を控えたりするといいでしょう。